アンカレッジの樹木葬口コミ・メリット・デメリット・値段

アンカレッジの樹木葬は、自然に還る新しい供養方法として注目されています。こちらの樹木葬は、株式会社アンカレッジが運営しており、多くの人々に支持されています。具体的な特徴やメリット、デメリット、値段について詳しく解説します。

アンカレッジ樹木葬の特徴:

  • 自然に還る供養: 従来の墓石や霊園とは異なり、自然環境の中で故人を偲ぶことができます。木々の下で供養する形式で、環境保護にも貢献します。
  • お寺の安心感: 後継者がいなくても寺院が永代に渡って供養を続けてくれるため、安心して利用できます。檀家になる必要もなく、経験豊富なスタッフがサポートしてくれます。
  • 美しい庭園: 世界的庭園デザイナー石原和幸監修の美しい庭園があり、季節の花に囲まれた明るい雰囲気で、何度でもお参りに来たくなる場所です。

アンカレッジ樹木葬のメリット:

  • 自然に還る: 環境への負担を減らし、故人の遺志を継いで地球環境を守ることができます。
  • 維持管理不要: 専門のスタッフが定期的に環境整備を行っており、将来的な管理費用の心配もありません。
  • 家族の絆を深める: 自然豊かな環境で家族全員が集まり、故人を偲ぶことができます。

デメリット:

  • アクセスの不便: 自然豊かな場所に設置されているため、都市部から遠く、アクセスが不便に感じることがあります。
  • 選択肢の限定: 地域によっては選択肢が限られることがあります。
  • 気候や環境の影響: 自然環境の中にあるため、気候や環境の影響を受けやすいです。

アンカレッジ樹木葬は、故人と遺族に精神的な癒しを提供する優れた葬送方法として、多くの利用者から高評価を得ています


どんな種類の樹木が選べる?

アンカレッジの樹木葬では、季節ごとに異なる多数の植物が揃っています。例えば、秋には葉が赤く色づくノムラモミジや黄色みのあるイロハモミジ、春には桜が花を咲かせるなど、自然と調和した樹木が選べます

アンカレッジ樹木葬の料金はどれくらい?

アンカレッジの樹木葬は庭苑ごとに異なりますが、例えば東京の高輪庭苑では1人用が50万円から、2人用が140万円からとなっています。従来のお墓に比べて費用が抑えられる点が助かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です