マウスピース矯正失敗ブログまとめ|失敗しないためのポイント

【PR】本ページはプロモーションが含まれています

マウスピース矯正は、目立たない、痛みが少ないなどのメリットから人気が高まっていますが、必ずしも成功するわけではありません。

失敗例失敗の原因失敗しないためのポイントなどを、ブログ記事からまとめました。

これからマウスピース適正を考えてる方には必須情報なので是非参考にしてください。

マウスピース矯正で選ぶなら GALLEIDO DENTAL ASO Aligner


マウスピース矯正 失敗例

効果を実感できなかった

  • 軽度の歯並び不正の場合、目に見える変化が出にくい

マウスピース矯正は、歯の移動量が少ない症例に向いています。しかし、非常に軽度の歯並び不正の場合、目に見える変化が出にくい可能性があります。マウスピース矯正は、透明なマウスピースを使用するため、見た目の変化が実感しにくいという特徴があります。そのため、軽度な症例では、治療完了後も歯並びがほとんど変わっていないと感じてしまう場合があります。

  • 適切な症例ではないのに、マウスピース矯正を選択した場合

マウスピース矯正は、全ての歯並び不正に適しているわけではありません。例えば、抜歯が必要な症例や、顎の骨の異常がある症例などは、マウスピース矯正では治療が難しい場合があります。このような症例で無理にマウスピース矯正を行うと、治療がうまく進まなかったり、後戻り(歯並びが元に戻ってしまうこと)を起こしたりする可能性があります。

  • 指示を守らず、装着時間を短くしたり、装着しなかったりした場合

マウスピース矯正は、1日20時間以上、指示通りに装着する必要があります。装着時間を短くしたり、装着しなかったりすると、歯が予定通りに動かず、治療が失敗する可能性があります。マウスピース矯正は、自分で装着する必要があるため、自己管理が重要です。装着時間を守ることが難しい場合は、マウスピース矯正以外の矯正治療法を検討する必要があります。

マウスピース矯正を成功させるために

マウスピース矯正を成功させるためには、以下の点に注意する必要があります。

  • 適切な症例かどうかを歯科医師に相談する
  • 歯科医師の指示をしっかりと守る
  • 定期的に通院し、経過観察を受ける
  • 口腔内衛生を徹底する

マウスピース矯正は、メリットも多い矯正治療法ですが、デメリットもあります。治療を始める前に、しっかりとメリットとデメリットを理解し、自分に合った矯正治療法を選択することが重要です。

矯正後に歯並びが戻ってしまった

  • マウスピース矯正後の保定装置を装着しなかった

マウスピース矯正は、歯を動かした後に、保定装置を使って歯並びを安定させる必要があります。しかし、保定装置を装着しなかったり、装着時間を短くしたりすると、歯が元の位置に戻ろうとする力が働き、後戻りしてしまう可能性が高くなります。

  • 舌や指で歯を押してしまうなどの癖がある場合

舌や指で歯を押してしまうなどの癖があると、せっかく整えた歯並びに力が加わり、後戻りしてしまう可能性があります。特に、無意識のうちに力を入れてしまう癖は、後戻りの原因となりやすいので注意が必要です。

  • 後天的な原因で歯並びが悪くなった場合

後天的な原因で歯並びが悪くなった場合、マウスピース矯正だけでは後戻りを防げない場合があります。例えば、歯周病や虫歯、歯ぎしりなどの原因で歯並びが悪くなった場合は、これらの原因を治療しないと、保定装置を装着していても後戻りしてしまう可能性があります。

マウスピース矯正後の後戻りを防ぐために

マウスピース矯正後の後戻りを防ぐためには、以下の点に注意する必要があります。

  • 歯科医師の指示通りに、しっかりと保定装置を装着する
  • 舌や指で歯を押してしまうなどの癖を意識的にやめる
  • 歯周病や虫歯、歯ぎしりなどの原因がある場合は、治療を受ける
  • 定期的に歯科医院に通い、経過観察を受ける

マウスピース矯正は、メリットも多い矯正治療法ですが、後戻りのリスクもあります。治療完了後も、しっかりと保定装置を装着し、口腔内のケアを続けることが重要です。

歯根が露出してしまった

  • 歯の移動量が多すぎる場合

マウスピース矯正は、歯を少しずつ動かす治療法です。そのため、歯の移動量が多すぎる場合は、マウスピース矯正では治療が難しい場合があります。具体的には、以下の様な症例が挙げられます。

  • 抜歯が必要な症例
  • 重度の出っ歯や八重歯
  • 顎の骨の異常がある症例

このような症例では、マウスピース矯正よりも、ワイヤーブラケット矯正などの他の矯正治療法の方が適している場合があります。

  • 歯周病が悪化している場合

歯周病は、歯周組織の炎症や破壊によって起こる病気です。歯周病が進行すると、歯を支える骨が失われてしまい、歯が動揺したり、抜歯が必要になったりする可能性があります。マウスピース矯正は、歯に力をかけて動かす治療法なので、歯周病が悪化している場合は、歯周組織にさらに負担がかかってしまう可能性があります。

そのため、歯周病が進行している場合は、まず歯周病の治療を完了してから、マウスピース矯正を検討する必要があります。

マウスピース矯正を検討している場合

マウスピース矯正を検討している場合は、必ず歯科医師に相談し、自分の歯並びがマウスピース矯正に適しているかどうかを確認することが重要です。歯科医師は、歯の状態や歯周病の程度などを総合的に判断し、適切な治療法を提案してくれます。

マウスピース矯正で選ぶなら GALLEIDO DENTAL ASO Aligner


虫歯になった

  • マウスピースを装着したまま飲食したり、歯磨きを怠ったりした場合

マウスピース矯正は、1日20時間以上、マウスピースを装着する必要があります。しかし、装着したまま飲食したり、歯磨きを怠ったりすると、以下の様な問題が発生する可能性があります。

  • 虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • マウスピースが臭くなる
  • マウスピースが変色する
  • 歯並びの矯正がうまく進まない

特に、マウスピースを装着したまま甘い飲み物を飲んだり、粘度の高い食べ物を食べたりすると、虫歯になりやすいので注意が必要です。

2. マウスピースを洗浄・消毒していない

マウスピースは、毎日洗浄・消毒する必要があります。洗浄・消毒を怠ると、細菌が繁殖し、虫歯や歯周病の原因となります。

マウスピースの洗浄には、専用の洗浄剤を使用するのがおすすめです。また、1週間に1回程度、熱湯で消毒するのも効果的です。

3. 破損したマウスピースを無理に使い続けている

マウスピースは、使用していくうちに破損することがあります。破損したマウスピースを無理に使い続けると、歯並びの矯正がうまく進まなかったり、歯を傷つけたりする可能性があります。

破損したマウスピースは、すぐに新しいものと交換しましょう。

マウスピース矯正を成功させるために

マウスピース矯正を成功させるためには、以下の点に注意する必要があります。

  • 歯科医師の指示通りに、マウスピースを装着する
  • マウスピースを装着したまま飲食しない
  • マウスピースを毎日洗浄・消毒する
  • 破損したマウスピースはすぐに交換する
  • 定期的に歯科医院に通い、経過観察を受ける

顎が痛くなった

  • マウスピースの噛み合わせが合っていない

マウスピースは、歯型に合わせて作製されます。しかし、マウスピースの製作過程で誤差が生じたり、装着方法が間違っていたりすると、マウスピースの噛み合わせが合わず、痛みや違和感を感じることがあります。

マウスピースの噛み合わせが合っていない場合は、歯科医師に相談して調整してもらう必要があります。

  • 顎関節症などの問題がある

顎関節症は、顎関節の機能に異常が生じる病気です。顎関節症があると、マウスピース矯正で顎に負担がかかり、症状が悪化してしまう可能性があります。

顎関節症がある場合は、マウスピース矯正が適しているかどうか、歯科医師に相談する必要があります。

マウスピース矯正を成功させるために

マウスピース矯正を成功させるためには、以下の点に注意する必要があります。

  • 歯科医師に相談し、自分の歯並びや顎の状態に合った治療法を選択する
  • 歯科医師の指示通りに、マウスピースを装着する
  • マウスピースに痛みや違和感を感じたら、すぐに歯科医師に相談する
  • 定期的に歯科医院に通い、経過観察を受ける

その他

  • 発音が悪くなった

マウスピースを装着すると、舌の動きが制限されるため、発音が悪くなることがあります。特に、サ行、タ行、ラ行などの発音が難しくなる傾向があります。これは一時的な症状であることが多く、徐々に慣れていくことが多いですが、人によってはかなり話しにくく感じる場合もあります。

  • 口内炎ができやすい

マウスピースを装着していると、口内粘膜と擦れたり、唾液の流れが悪くなったりすることで、口内炎ができやすくなることがあります。特に、矯正装置の当たるところや、マウスピースの縁の部分にできやすいです。

  • 喋りにくい

マウスピースを装着していると、口の中が狭くなったり、舌の動きが制限されたりすることで、喋りにくくなることがあります。特に、早口で話したり、滑舌が悪い人ほど、喋りにくさを感じやすい傾向があります。

マウスピース矯正のリスクを軽減する方法

マウスピース矯正のリスクを軽減するためには、以下の点に注意することが大切です。

  • 歯科医師に相談し、自分に合ったマウスピース矯正を選ぶ
  • 歯科医師の指示通りにマウスピースを装着する
  • マウスピースを清潔に保つ
  • 口腔内衛生を徹底する
  • 違和感や痛みを感じたら、すぐに歯科医師に相談する
  • 定期的に歯科医院に通い、経過観察を受ける

マウスピース矯正 失敗の原因

自分に合った矯正方法ではない

  • マウスピース矯正は、すべての歯並びに対応しているわけではありません。

以下のような歯並びの場合は、マウスピース矯正よりもワイヤー矯正の方が適している場合があります。

1. 歯の移動量が多い場合

マウスピース矯正は、歯を少しずつ動かす治療法です。そのため、歯の移動量が多い場合は、マウスピース矯正では治療が難しい場合があります。具体的には、以下の様な症例が挙げられます。

  • 抜歯が必要な症例
  • 重度の出っ歯や八重歯
  • 顎の骨の異常がある症例

このような症例では、マウスピース矯正よりも、ワイヤーブラケット矯正などの他の矯正治療法の方が適している場合があります。

2. 歯周病が悪化している場合

歯周病は、歯周組織の炎症や破壊によって起こる病気です。歯周病が進行すると、歯を支える骨が失われてしまい、歯が動揺したり、抜歯が必要になったりする可能性があります。マウスピース矯正は、歯に力をかけて動かす治療法なので、歯周病が悪化している場合は、歯周組織にさらに負担がかかってしまう可能性があります。

そのため、歯周病が進行している場合は、まず歯周病の治療を完了してから、マウスピース矯正を検討する必要があります。

3. 顎関節症などの問題がある

顎関節症は、顎関節の機能に異常が生じる病気です。顎関節症があると、マウスピース矯正で顎に負担がかかり、症状が悪化してしまう可能性があります。

顎関節症がある場合は、マウスピース矯正が適しているかどうか、歯科医師に相談する必要があります。

マウスピース矯正を検討している場合

マウスピース矯正を検討している場合は、必ず歯科医師に相談し、自分の歯並びがマウスピース矯正に適しているかどうかを確認することが重要です。歯科医師は、歯の状態や歯周病の程度などを総合的に判断し、適切な治療法を提案してくれます。


指示を守らない

1. 装着時間の不足が招く問題

マウスピース矯正は、歯に少しずつ力をかけて動かしていく治療法です。そのため、1日20時間以上のマウスピース装着が推奨されています。しかし、装着時間を短くしたり、装着を怠ったりすると、以下の様な問題が発生する可能性があります。

  • 歯の移動が遅くなる
  • 歯並びが思うように整わない
  • 後戻りしやすい
  • 治療期間が長引く

特に、新しいマウスピースを装着した直後は、歯が最も動きやすい状態です。この期間に装着時間を短くしてしまうと、せっかくの矯正効果が得られなくなってしまいます。

2. 装着時間を守るためのコツ

忙しい毎日の中で、決められた時間だけマウスピースを装着するのは難しいと感じるかもしれません。しかし、以下のような工夫をすることで、装着時間を確保しやすくなります。

  • 朝起きたらすぐに装着する
  • 寝る前に必ず装着する
  • 食事や歯磨きの時間は短くする
  • 外出先でも持ち運び、こまめに装着する
  • 家族や友人に協力を頼む

また、マウスピース矯正専用のアプリを活用するのもおすすめです。アプリの中には、装着時間を記録したり、装着率を確認したりできる機能が搭載されています。

歯科医院選びを間違える

1. 経験豊富な歯科医師であること

マウスピース矯正は、歯科医師の技術と経験が大きく影響する治療法です。経験豊富な歯科医師であれば、患者さんの歯並びや口腔内の状態を的確に判断し、適切な治療計画を立てることができます。また、治療中にトラブルが発生した場合にも、迅速かつ適切に対応することができます。

2. マウスピース矯正に力を入れている歯科医院であること

マウスピース矯正は、すべての歯科医院で提供されているわけではありません。マウスピース矯正に力を入れている歯科医院であれば、最新の設備や技術を導入しているだけでなく、マウスピース矯正に関する知識や経験も豊富です。また、患者さん一人ひとりに丁寧なカウンセリングを行い、最適な治療を提供することができます。

歯科医院を選ぶ際のポイント

  • マウスピース矯正に関するホームページや口コミなどを参考に、実績や評判を確認する
  • 複数の歯科医院でカウンセリングを受け、比較検討する
  • 経験豊富な歯科医師がいるかどうかを確認する
  • 最新の設備や技術を導入しているかどうかを確認する
  • 費用について明確に説明してくれるかどうかを確認する
  • 疑問点や不安な点は、遠慮なく質問する

マウスピース矯正は、メリットも多い矯正治療法ですが、歯科医院選びを誤ると、失敗するリスクが高くなります。しっかりと情報収集を行い、自分に合った歯科医院を選ぶことが重要です。

以下は、マウスピース矯正に力を入れている歯科医院を探すための参考情報です。

マウスピース矯正で選ぶなら GALLEIDO DENTAL ASO Aligner


マウスピース矯正 失敗しないためのポイント

自分に合った矯正方法かどうか、歯科医師に相談する

  • マウスピース矯正が自分に合っているかどうか、歯科医師に相談しましょう。
  • 歯並びや生活習慣などを考慮し、最適な矯正方法を提案してくれます。

歯科医師の指示をしっかりと守る

  • マウスピースの装着時間、取り扱い方法などの指示をしっかりと守りましょう。
  • わからないことがあれば、歯科医師に質問しましょう。

経験豊富な歯科医師がいる、マウスピース矯正に力を入れている歯科医院を選ぶ

  • 経験豊富な歯科医師がいる、マウスピース矯正に力を入れている歯科医院を選びましょう。
  • 症例数や患者さんの満足度などを参考に、信頼できる歯科医院を選びましょう。

マウスピース矯正 成功体験談

マウスピース矯正は、成功すれば美しい歯並びを手に入れることができます。

軽度の歯並び不正だった

  • 軽度の歯並び不正であれば、マウスピース矯正で効果を実感できる可能性が高いです。
  • 費用も比較的安価で済みます。

ワイヤー矯正に抵抗があった

  • ワイヤー矯正が目立つのが嫌な方や、痛みに弱い方にとって、マウスピース矯正は良い選択肢となります。

生活習慣を改善した

  • マウスピース矯正を成功させるためには、歯磨きをしっかり行ったり、定期的に歯科医院に通ったりするなどの生活習慣の改善も大切です。 

美しい歯並びを手に入れた人々の声

1. 重度の出っ歯が気にならなくなった

  • 症例: 重度の出っ歯
  • 治療期間: 1年6ヶ月
  • 患者さんの声:

以前から重度の出っ歯がコンプレックスで、人前に出るのが苦手でした。マウスピース矯正で治療を受けることを決意し、1年6ヶ月かけて治療を行いました。今では、以前のような出っ歯が気にならなくなり、自信を持って笑顔を見せることができるようになりました。本当にマウスピース矯正を受けて良かったと思っています。

2. 八重歯を目立たなくしたい

  • 症例: 八重歯
  • 治療期間: 8ヶ月
  • 患者さんの声:

学生時代から八重歯が目立って、写真を撮るのが苦手でした。社会人になってから、思い切ってマウスピース矯正を始めました。8ヶ月かけて治療を受け、今では八重歯が目立たなくなり、以前よりも自然な笑顔で写真を撮ることができます。マウスピース矯正は、目立たずに治療できるのが魅力だと思います。

3. 隙間歯を綺麗に並べた

  • 症例: 隙間歯
  • 治療期間: 6ヶ月
  • 患者さんの声:

前歯に隙間歯があり、笑うと目立って気になっていました。マウスピース矯正は、目立たずに治療できるというメリットがあったので、選びました。6ヶ月かけて治療を受け、今では隙間歯が綺麗に並び、以前よりも爽やかな笑顔になりました。マウスピース矯正は、痛みも少なく、日常生活にも支障がなかったので、とても良かったです。

4. 噛み合わせが悪くて、頭痛が改善された

  • 症例: 噛み合わせが悪い
  • 治療期間: 1年
  • 患者さんの声:

以前から噛み合わせが悪く、頭痛に悩まされていました。マウスピース矯正で治療を受け、噛み合わせが改善されたことで、頭痛が治りました。今では、食事も美味しく食べることができ、以前よりも快適な生活を送ることができています。マウスピース矯正は、見た目だけでなく、健康にも良い効果があると感じています。

5. 歯並びが良くなり、口元が若々しくなった

  • 症例: 年齢による歯並びの乱れ
  • 治療期間: 9ヶ月
  • 患者さんの声:

年齢とともに歯並びが悪くなり、口元が老けて見えるのが気になっていました。マウスピース矯正で治療を受け、歯並びが良くなったことで、口元が若々しくなりました。今では、以前よりも笑顔に自信を持てるようになりました。マウスピース矯正は、年齢に関係なく受けることができるのが良いですね。

まとめ

マウスピース矯正は、メリットだけでなくデメリットもあります。

失敗例失敗の原因失敗しないためのポイントなどを理解した上で、自分に合った矯正方法を選択することが大切です。

マウスピース矯正を検討している方は、歯科医師に相談し、情報収集をしっかりと行いましょう。

マウスピース矯正で選ぶなら GALLEIDO DENTAL ASO Aligner


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です